HOME >> 競売とは >> 競売終了後に残るローンの返済

競売終了後に残るローンの返済

競売が終わった後には、返済しきれなかったローンは残ります。
この残るローンのことを残債または残債務と言います。 この残債は債権となって一種の金融商品になります。 この債権はサービサーからサービサーへ転売を繰り返えされることがしばしばございます。

そしてサービサーが変わる度に、返済の督促が来ることになります。

この督促を受ける方は、運・不運に大きく委ねられることになります。 競売後3年以上一度も請求を受けたことの無い人、逆に毎年のように督促を受けている人がおります。

5年間逃げ切れれば時効となるのですが、サービサーは回収のプロです、時効で逃げ得にさせないよう色々な手を使って時効の中断を行っているところもあります。 また、銀行さんの中には給料差押する前に『自己破産してくれ』と銀行の方が言ってきます。 理由は月々数万円差し押さえてるおかげでいつまでも処理が出来ない方が嫌ですからです。

残債の督促から逃げ切るには自己破産しかありません。

« 担保不動産競売開始決定 | HOMEへ | 固定費産税は誰が払うの »

【競売とはカテゴリーの関連記事】

競売の後そのまま住み続ける
立退料の交渉
競売と任意売却
商事債権は5年で時効
固定費産税は誰が払うの
競売終了後に残るローンの返済
担保不動産競売開始決定


競売ホットラインへご相談下さい!

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いた場合、あなたにはそれほど多くの時間は残されていません。この通知が最後通知のようなものなんです。 この通知に返答しないと、流れは一気に競売へと突き進みます。 競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を起こしてください。お気軽に何でもご相談ください。

競売ホットライン - フリーダイヤル  
競売ホットライン - お問合せフォーム

メインメニュー

サポートスタッフ

柳田税理士のプロフィール »

関連サイト